このエントリーをはてなブックマークに追加

SPAN証拠金

SPAN証拠金とは、東京証券取引所、大阪証券取引所において導入されている証拠金制度のこと。日経225先物取引(ラージ)や日経225miniを1枚取引するために必要な証拠金額として提示される。このSPAN証拠金は市場のポートフォリオリスクに応じて変更されるため、ある程度の範囲で変動することになる。

SPAN証拠金は市場のボラティリティが大きくなるほど求められる金額が大きくなり、逆に小さくなる程金額も小さくなる。計算方法は複雑だが単純に「先物取引を1単位取引するために必要な証拠金」と覚えておくとよい。

なお、日経平均先物取引全般における証拠金については「日経225先物取引に必要な証拠金額」で詳しく説明しているので、そちらを参照。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。