このエントリーをはてなブックマークに追加

裁定取引

裁定取引とは、アービトラージとも呼ばれる取引方法。金利差、価格差などの「差」を利用する取引のこと。サヤ取り。同一の性格を持つ2商品があるとして、そのうち割高な方をショート(売り)し、割安な方をロング(買う)することで理論上は確実な収益を得ることができる。

たとえば、日経225先物取引では、同一の先物で異なる限月の間の裁定取引を「限月間スプレッド」と呼ぶ。他にも東京証券取引所と大阪証券取引所での価格差の裁定取引として「市場間スプレッド」などがある。

参考:裁定取引とは

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。