このエントリーをはてなブックマークに追加

ストラドルの買い / ストラドルの売り

ストラドルの買いとは、複数の権利行使価格のコールとプットを買うというオプション戦略です。コールとプットを組み合わせることで、相場がどちらかに大きく動いた場合に収益が得られる戦略となります。一方でストラドルの売りは株価が大きく動かない場合にプレミアムを受け取ることができる戦略となります。ロングストラドル、ショートストラドルとも呼ばれます。

コンビネーション取引の基本

ストラドルはオプション取引の投資戦略の中でも基本ともいえる取引です。同一の権利行使価格のコールオプションとプットオプションを買う(売る)という戦略になります。

 

ロングストラドル(ストラドルの買い)

同一の権利行使価格のコールとプットを同一数量ずつ購入するというオプション戦略です。

現在の権利行使価格9000円のプットオプション、コールオプションがそれぞれ100円のプレミアム(オプション料)で販売されているとします。

その時のコールオプションの損益グラフは

プットオプションの損益グラフは

このようになります。このコールオプションとプットオプションを1単位ずつ購入した場合の合成損益グラフは下記のようになりますね。

上記の形がストラドルの買い(ロングストラドル)となるわけです。

相場が上昇した時には、コールオプションを行使することができ、下落した場合にはプットオプションを行使することにより利益が得られるようになります。上下は問わずどちらか一方向にでも動けば利益を得ることができます。ただし、支払うプレミアムが大きくなるのが欠点となります。ただし、最大リスクは支払ったプレミアムの200円が最高とリスクは限定的です。
上昇するか下落するかわからないが、今後相場が大きく動きそうな場合に有効なオプション戦略といえます。

上記の損益分岐点は8800円以下または9200円以上に日経平均が動いた場合です。

 

 

ショートストラドル(ストラドルの売り)

ショートストラドルは、買いの場合とは逆にコールオプションとプットオプションを1単位ずつ「売る」方法です。ですから、ストラドルの売りによるオプションの損益グラフは下記のようになります。

ショートストラドルは、コールオプションとプットオプションの同一の権利行使価格で仕掛けることにより、プットとコールの二つのオプションからのプレミアムを得ることができるというのがメリットになります。
上記のケースでは、株価が8800円~9200円までの範囲に収まれば、プレミアム収入を得ることとができます。

ただし、ストラドルの売りは、株価が予想外に動いてしまった場合のリスクが無限大になるということです。

結局はオプションのプットとコールの両方の裸売りに過ぎないため、予想外の方向に急激に動いた場合は極めて高いリスクを背負うことになります。

ショートストラドルを仕掛けるのであれば、何らかの保険(たとえば、アウトオブザマネーのコール・プット買いなども組み合わせてのリスクヘッジ)や、急変時には早めの損切りなどの対応も必須です。

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。