このエントリーをはてなブックマークに追加

デビットスプレッド

デビットスプレッドとは、今後の株価上昇を予想する際に、コール買いとアウトオブザマネーのコール売りを組み合わせる手法。株価下落を予想する場合はプット買いとアウトオブザマネーのプット売りを組み合わせる。株価下落リスクを抑えながらも一定の上昇益も期待できる合成戦略となります。

デビットスプレッドのしくみ

株価が今後上昇すると予想する場合を前提に考えます。現在の株価は9000円。
権利行使価格9000円のコールオプションがプレミアム100円、9500円のコールオプションのプレミアムが20円で取引されているとします。

デビットスプレッドの例
権利行使価格9000円のコールオプションを1単位買い、一方で権利行使価格9250円のコールオプションを1単位売ります。それぞれのオプションの損益グラフは下記のようになります。

このコールオプションの買いと売りを合成すると下記のようなグラフとなります。

コールオプションの売り(プレミアム50円)によって、最大損失は100円から50円にまで軽減されました。
一方で、9500円以上の株価になった場合、コールオプションの買いと売りとで双方が完全に相殺される形となります。そのため、9500円以上になると利益は固定化されます。

デビットスプレッドのメリットは、支払いプレミアムを小さくすることができる(最大リスクを小さくすることができる)上、9500円までなら受け取りプレミアム分の利益が上乗せされるという点です。

株価の上昇を予想しているが、そこまで急激な上昇は考えていない場合などに有効な投資法です。また、最大リスクが限定されているという点も魅力です。

なお、プットオプションの場合は、下記のようなグラフとなります。
(現在の株価が9250円。9250円のプット買いと8750円でのプット売りを仕掛けたケース。)

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。