日経225先物取引ガイド日経平均先物取引講座日経225先物取引よくある質問集>権利落ちを見越した日経225先物のショートは有効?

このエントリーをはてなブックマークに追加

権利落ちを見越した日経225先物のショートは有効?

3月や9月などは配当を出す会社が多く、日経平均株価も権利落ち(月末)で株価が大きく下がります。そんなとき、事前に日経225先物をショートしておけば、利益が出せるのではないですか?

回答:無理です。3月、9月のメジャーSQで限月が変わります

3月、9月はメジャーSQです。メジャーSQは第2金曜日ですが、その日を境に、取引可能な限月は3月なら6月限月、9月なら12月限月に変わってしまいます。

変更後の6月、12月限月はすでに3月、9月末の配当権利落ちを織り込んでいるため、配当落ち相当額が下落した価格で取引されることになります。
(ちなみに、その配当権利落ちのきんがくは「日経平均・配当指数」という指数までちゃんとあります)

仮に3月末の権利落ち相当額が200円だとすると、3月の第3月曜日から主に取引されることになる6月限月の日経225先物価格は、実際の日経平均株価よりも200円ほど低い価格で取引されることになります。

その後、3月末の権利落ちが行われた時点で、日経平均株価と6月限月の日経225先物価格はほぼ同じ金額になります

日経225先物取引にお勧めの証券会社

1位:ライブスター証券

ライブスター証券は現在取引手数料が無料になるキャンペーンを実施しています。先物講座開設で、日経225先物、mini、オプション取引手数料が約2カ月(40営業日)無料。
キャンペーン終了後の手数料も安く、ラージは270円/枚、miniは37.8円/枚(片道・税込)また、PC、スマートフォン対応の取引ツールも無料で使えます。
>>ライブスター証券詳細情報

Category & Menu

日経225先物取引ガイドでは、日経平均株価に投資ができる日経225先物取引や、よりお手軽な日経225先物miniなどについての初心者向けガイドサイトです。